在留資格認定証明書を待っていました。

外国人が旅行などの短期滞在以外の目的で日本に渡航する場合は、在外日本公館という場所でビザをとることが必要となります。
しかしビザは発行までに時間がかかるために、ビザの代替品として在留資格認定証明書を交付することが多いです。これは日本にある入国管理局が、在留を希望する外国人の来日目的がそれぞれのビザの条件に適合しているかを確認した上で交付するものです。
この在留資格認定証明書を在外日本公館に提示すると、通常よりも早くビザを発行することができます。

このブログ記事について

このページは、tsalが2014年3月11日 17:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「事業協同組合設立の担当者にとって大切なことは?」です。

次のブログ記事は「うちの会社の外国人のビザ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31